【金沢みやげ】一面の金箔が輝く超豪華な羊羹!菓匠まつ井の「金箔羊羹」

スポンサーリンク
北陸

どうも、ホウボウです!

石川県・金沢といえば、「金箔きんぱく」が非常に有名ですよね。

金沢のレストランや喫茶店、ホテルなどで食事をすると、何かと金箔が添えられていて、金箔を見ると金沢を思い出さずにはいられません。

「金沢」という地名にも「金」という文字が入っている通り、金箔製造の全国シェアはほぼ100%と非常に高く、「金」にゆかりのある土地であることは間違いありません。

そこで、今回はそんな「金箔」をふんだんに使ったお菓子、まつ井の「金箔羊羹」をご紹介します。

羊羹ようかんの表面が金箔で覆われているその姿は贅沢そのもので、金沢のお土産としてピッタリです♪

是非金沢を訪れた際は買ってみてくださいね。

「菓匠 まつ井」

1926年(大正15年)創業の「菓匠まつ井」は、1世紀にもわたる長い歴史の中で、「和菓子を通して金沢らしさを表現すること」を追求しています。

実際に「菓匠まつ井」の和菓子を見ると、どれも繊細で見た目から上品なものが数多いことに感動します。

今回紹介する「金箔羊羹」以外にも、日本三大友禅のひとつ「加賀友禅」を表現した「友禅ころも」など、他にも素敵な和菓子がたくさんありますので、是非ホームページなどでもご覧ください。

石川県金沢市|和菓子の菓匠まつ井|友禅ころも、金箔ようかん
石川県金沢市の和菓子屋菓匠まつ井。加賀友禅をイメージさせた「友禅ころも」「友禅流し」や金箔を贅沢に使った「金箔ようかん」など金沢の文化を取り入れたお菓子がたくさん。羽二重餅やくるみを用いた和菓子も人気。

しっかりとした小箱に詰められた「金箔羊羹」

それでは、「金箔羊羹」を開けて見ていきましょう!

4個入り(1,300円)を購入しました。賞味期限は2か月ほどと長めです。

箱からして既にちょっとおしゃれですね。

赤い小箱の表面に描かれているのは、兼六園の有名な「徽軫灯篭ことじとうろう」です。兼六園のシンボルともいえる金沢を代表する風景のひとつですね。

兼六園入り口近くの有名な風景。右側中央に「徽軫灯篭」がある。

さっそく小箱を開けてみます。

説明紙のうしろに、金箔で輝く3つの羊羹が見えました・・・!

思っていたより豪華ですね。本当に金箔一面という言葉がふさわしいくらいです。

今回は、4個入り(1,300円)を購入しました。「羊羹」+「金箔」の組合せはさすがにお値段も張りますね。でもせっかくなんで良しとしましょう。

金沢駅のお土産コーナーでも売っていましたので、気軽に手に入るところもグッドです。

1つ1つは透明な包みに覆われており、小分けにしてみんなで食べてもちょうど良さそうです。

上半分はゼリーのようなプルプルとした触感で、下半分はずっしりとした羊羹となっており、その境目に金箔が挟まれているような形です。

こんな和菓子今までに見たこともなく、金沢のまつ井「金箔羊羹」でしか見ることも味わうこともできない特別感があります。

ネットでも購入できる・・・?

菓匠まつ井の和菓子は、「友禅ころも」などをAmazonや楽天市場で購入することができます。

(※2020年7月5日現在、Amazonでの販売はない模様です)

ただ、「金箔羊羹」に関してはネットで購入することができないようですね・・・。

やはり金沢まで行くしかないようです。お土産としてはふさわしいのかもしれません笑。

おわりに

今回は、菓匠まつ井の「金箔羊羹」をご紹介しました。

金沢らしさをとても感じられる良い和菓子です。是非金沢を訪れた際にはお土産にいかがでしょうか?金箔ソフトクリームは持って帰れませんが、金箔羊羹なら2か月も持ちます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました